2013/08/17

JavaScript 変数

JavaScriptは動的型言語なので、変数はデータ型を指定できず、お任せのところがある。内部的には基本型(Primitive type)と参照型(reference type)に大きくわかれ、 基本型はnumber、boolean、null、undefined、stringに分かれ、 参照型はarray、object、functionがあるが、スクリプトを書く側はそれほど意識する必要はない。

下はaとbの変数を用意し、それらを掛けたものをコンソールに表示するというプログラム。変数を宣言するときはvarを使う。これはvariableの略。varを省略することもできるが、そうすると関数内で宣言してもグローバル変数として扱われる。
<!DOCTYPE html>
<html lang="ja">
<html>
<head>
<meta charset="UTF-8">
<title>JavaScript variable</title>
<script type="text/javascript">
  var a=3;
  var b=10;
  console.log(a*b);
</script>
</head>
<body>
</body>
</html>



JavaScript 目次