2014/11/24

キーボード(楽器) 練習01

1日目 141124

せっかくカシオのキーボードを買ったので、少し練習をはじめてみる。 キーボードでやりたいことは、コードを弾くことなので、ピアノ練習曲をやる必要はないかもしれないが、楽譜に慣れる意味でも「バーナム ピアノ テクニック1」を試してみる。クラシック曲を弾くためのテクニックを磨くつもりはないので、バーナムで、指がある程度動くようになれば、そこで終了にしたい。後は各キーのスケールとコードの弾き方などに集中したい。
音色は割と素直な音の 04 E.PIANO1 を使う。

ピアノは左右の手で違う旋律を弾くという、個人的にはすごく高度な話。同じメロディを左右で弾くにしても左右の手は対称なので指番号が違ってしまう。脳みそからの指令に両手が混乱する。まずは脳みそと手の連携が課題。

burnam グループ1 - 1 歩こう、走ろう
バーナムのはじめの練習曲は「歩こう、走ろう」で、左右の手を使ったドレミファソファミレドだけなのだが、ピアノ未経験者からすると、この時点で結構辛い。毎日10分もやれば1ヵ月後にはスムーズに動くようになるだろうか? 現時点では指を動かすのに精一杯で、いろんな部分が破綻している。

個人的に、大人が習い事をするとき、一番注意すべきことは何週間、何ヶ月と放置しないことだと思う。できれば10分でいいから毎日やった方がいい。まぁそれは無理にしても1週間は放置しないようにしたい。 今後は、練習したときに、このページに内容をアップしていこうと思う。

2日目 141125

burnam グループ1 - 2 ステップしよう
バーナムの「スキップしよう」を少し練習。どうも両手のタイミングが一致しない。

今更ながら、ネットでド素人向けにキーボードの弾き方を解説しているサイトがないか検索してみると、ほとんどないようだ。キーボード弾く人はピアノをずっとやっている人が多いので、基礎はすでに学び終わっているが普通なのだろう。いきなりキーボード買ってきてコードだけ弾きたいという人は珍しいのかも。それから「キーボード」で検索すると「パソコン用入力装置」を指すのが一般的のようだ。パソコンが普及する前はキーボードと言えば楽器のことだったのに。

3日目 141126

メトロノームと合わせて気づいたのだが、やや突っ込み気味に弾いていた。ギターで合わせるとジャストで鳴らせているのに、キーボードだとやや突っ込む。キーボードは反応が早く、すぐ鳴ってしまうという感じ。しばらく気をつけて弾いていたら、突っ込み癖がなくなってきたので、キーボードの癖が掴めてきたようだ。
burnam グループ1 - 3 ホッピングしよう

burnam グループ1 - 4 深呼吸


4日目 141205

まさに三日坊主。前回から一週間以上経ってしまった。その間キーボードには触らずという感じ。これでは上達の見込みはない。今日はわずか5分程度弾いてみた。いきなり録音してみたが、意外とできてる。でも和音は手が形を覚えていないので、ぎこちなくなってしまった。現状の記録ということで残しておこう。一部49鍵盤では足りなかったのでオクターブ移動した。
burnam グループ1 - 5 屈伸

burnam グループ1 - 6 背のび


5日目 141206

練習とは言えないぐらいの量だが、今日も弾いてみた。どうも指によってタイミングがズレるという感じ。これも弾き続けていれば慣れると思うのだが、こんな短時間の練習では、かなり時間がかかりそう。
burnam グループ1 - 7 右足をまっすぐのばそう

burnam グループ1 - 8 左足をまっすぐのばそう

burnam グループ1 - 9 側転運動
49鍵で弾いているので、全体をオクターブ下にして、G7の部分は構成音を変えた。

burnam グループ1 - 10 両足ひらこう
指をくぐらすという技が難関。


6日目 150703

やっちまった。7ヶ月振りのキーボード。ここまでブランクがあると、以前弾けたものすら弾けなくなっている。両手のコンビネーションを忘れている。ゆっくり考えながらなら弾けるのだが、本当は手に馴染ませるぐらい練習した方がよいと思う。10分ぐらい練習して以下を録音してみた。
burnam グループ1 - 11 さかだちの練習

burnam グループ1 - 12 元気いっぱい さぁひこう

今後はバーナムの練習は鍵盤数の問題もあるので、無理のない音域のものだけ練習しようと思う。他の練習としては目的であるコードを弾けるように、基本的なコードを弾く練習をしようと思う。