2016/07/24

多目的タイマー Canon CT-40

子供の学習用タイマーがほしくて、Canonのタイマーを買ってみた。今まで料理で使っていたタイマーで間に合わせていたが、やっぱり2個ほしいということで。

学習用タイマーで欲しい機能はカウントアップ

普通タイマーは時間を設定して、スタートするとカウントダウンがはじまり、0になるとアラームが鳴るというもの。カウントアップは、その後さらに0からのどれぐらい過ぎたかをカウントしてくれる機能。しかし、メーカーによって、この表現がバラバラで、カウントアップといっても、ストップウォッチのように使うことを意味している場合もあり、説明が曖昧なため、買って試すしかないようだ。趣味性が希薄な商品は、こういう説明不足が多いと思う。キャノンのこのタイマーは説明書もダウンロードできず、リスキーながらも、できそうな予感がしたので買ってみた。価格は1000円。

パッケージ





外観

見た目はすっきりしていて、無印のような印象。サイズも小さく、携帯することを意識しているようだ。その代わり、ボタンも液晶も小さい。

ストラップが付けられうようになっている。


スタンドが付いているので、卓上で時計として利用するときなどは見やすくなる。

スタンドは意外としっかり作れられている。

バネが入っていて凝った作り。


ボタンはプラスチックで、汚れても拭き取りやすい。実物を見て買ったわけではなかったので、購入する前はゴムスイッチかと思っていた。ゴムはホコリがこびりついたっりするので、プラでよかった。


マグネットが入っているので、冷蔵庫などにも付けられる。


銘板。中国製。



機能

このタイマーは4つのモードがあり、用途に応じてモードを切り替えて使う。モードは独立しているようで、並行して使うこともできるようだ。モードボタンを押すと順次切り替わっていく。

CLOCK 時計モード

普通のデジタル時計。



A.CLOCK アラーム

普通のアラーム。これは目覚ましに使える。


COUNT UP カウントアップ

これは1秒単位のストップウォッチのようなもので、0からスタートして、カウントアップするというもの。9時間59分59秒までカウントできるようだ。



TIMER タイマー

9時間59分59秒までセットできるタイマー。ちなみに9時間99分99秒もセットできてしまう。多分この時間でもちゃんと機能していると思う。 素晴らしいのはアラーム音を消せる点。アラーム音を出したくないシチュエーションというのもあるので、これはよいと思う。 ただ操作がやや独特。前回のセットタイムをメモリーしていて、クリアして再度設定しない限り、前回のタイムが有効になる。用途によっては毎回同じタイムを使うことも多いので、悪くはないと思う。 また、クイック設定というものがあって1~9分までなら1分単位で簡単に設定できる。10分以上は設定するしかない。 もう少し洗練した設定方法であってほしかった。




今回の目的のカウントアップについて

ひとつの疑問点でもあったのだが、カウントダウンして0になったら、普通アラームが鳴る。このアラームを消すと、当然ストップという意味なので、カウントアップも停止する。個人的にはアラームが鳴ったら音はうるさいので止めたいが、その後のカウントアップは続けてほしいと思ったりする。この機種は音が消せるので、アラームを諦めれば実現できる。そう思って買ったのだが、うれしいことに、アラームを鳴らすモードでも似たようなことは実現できた。その方法は、カウントダウン後にアラームが鳴ったら、すぐにSTART/STOPボタンを押し、アラームを止め、そしてすかさず、START/STOPボタンを再度押す。つまりSTART/STOPボタンを2回押すというイメージ。するとカウントアップが始まる。表示は点滅するので、カウントアップしていますよ、というのが分かりやすい。ボタンを2回押す時間のロスはあるが、それほど厳密でなければ、十分実用になると思う。ちなみにアラームが鳴ってから2回押すタイミングはいつでもOK。

上記は裏技ということではなくて、このタイマーが独特な仕様というだけの話。 カウントダウン中でもSTART/STOPボタンを押すと、一時停止する。もう一度押すとカウントダウンがスタートする仕様。一時停止だから何回でも同じことができる。カウントアップでも同じように機能しているだけ。

それにしても、こういう重要な機能を、メーカーは一切説明しないって、すごく損しているように思う。

説明書

公式HPから手に入らないので、スキャンしたものを、ここにアップしておく。