2018/02/17

JavaScript クラス

かつてのJavaScriptにはクラスはなかったが、2015年以降クラスが使えるようになった。 下の例は一つのクラスから、3つオブジェクトを作ったもの。
class Neko {
  constructor(name) {
    this.name = name;
  }
  sayName() {
    console.log(this.name + "にゃ~");
    console.log(name + "わん!");
  }
}

let mike = new Neko("ミケ");
mike.sayName();

let shiro = new Neko("シロ")
shiro.sayName();

let tama = new Neko("タマ")
tama.sayName();


実行結果
ミケにゃ~
わん!
シロにゃ~
わん!
タマにゃ~
わん!


thisが重要で、thisがないと無視されるようだ。